賢く家を買おう

マイホームを買うタイミングっていつでしょう。

史上空前の住宅ローン低金利です。このタイミングで家を買おうという方もいると思います。

家を買うといっても何を買うのか。新築を買うのか中古を買うのか。土地から探して買うのかすでに建築ずみの家を買うのか。

中古一戸建てを買うのか新築一戸建てを買うのか。

結構迷うかもしれません。

家探しはやはりどんな家がよいのか、希望を明確にする作業から始めましょうう。ざっくり探してもなかなか見つかりません。

希望が決まったら集中して探してみましょう。

探す際は使いやすいサイトをピックアップしましょう。

賢く家を買うための使いやすいサイトの見るポイント

・サイトがスマホでも見れるか

今の時代、パソコンではなく、スマホでも家探しをする時代です。スマホで見やすいサイトにしている会社はコストをかけて探しやすいようにしているという理由から良い会社の理由の一つと言えます。

・対象エリアに詳しそうか

お店それぞれで強みは異なります。そのいくつかある強みのうち、その地域に詳しそうか。というのはかなり重要です。多くのエリアで対応している会社は地域に詳しくありません。例えば学区、病院、利便性などは地域ならではの知識が必要です。そうなるとやはり地域密着というスタンスの会社のほうが大手などよりも詳しい可能性が高いのです。

・ホームページは見やすいか

ホームページはネット上における店舗と同じです。そのため、見ずらいサイト、使いにくいサイトは店舗がよくないということになります。ホームページがあなたからみて単純に見やすいか、というのは重要な判断材料です。

・ホームページは掃除してあるか

ホームページは店舗と同じなので、しっかり掃除をしているかというのは重要です。ここでいう掃除とは情報のクリーニングのことです。掲載されている物件が古すぎる、というサイトはメンテンアンスを行っていない、掃除をしないということになります。サイトに載っている情報、日付をしっかりとチェックしましょう。

・有益な情報が載っているか

有益というのは自分にとって有益かということです。例に上げると、何かしらの特徴的なサービスがあるかということです。キャンペーンを行っているサイトもあれば、手数料を割引しているサイトもあります。そのサイトが何を売りにしているかを見極めることは重要です。

・サービスに対しての説明があるか

例えば手数料を割り引いているサイトの場合、なぜ割り引けるのか。仕組みはどうなっているかを詳しく書いているかどうかが良心的かどうかの判断材料になります。たとえば、仲介手数料割引キャンペーンだけのっていても、なぜ割引できるのかを知りたいユーザーというのは多いのです。また、不動産取引きについてのさまざまな説明をしりたいユーザーも多く、それのアンサーを書いているサイトは良いサイト、良いお店ということができます。

・問い合わせへの対応がしっかりしているか

問い合わせをしてみるとわかりますが、中には返信が非常に遅い会社、返信がないところなんていうこともあります。また、電話での対応でも差が出ます。希望の返答、プラスアルファの提案があるかどうかで優秀な不動産会社が分かります。

・物件種別、駅、エリアなどこまかく調べやすくなっているか

これは使いやすいかどうかの部分に通じますが、ユーザーの探している条件で絞り込めるかどうか、というのが良いお店選びのポイントの一つとも言えます。けっかくお店に来ても案内がないとお客様は帰ってしまいます。どのような条件でお探しでしょうか?ということをわかりやすくしてくれているサイトは良いサイトということになります。

・スタッフの顔がわかるか

不動産は高い買い物です。その高い買い物をするのに、人がわからないと怖いものです。そのため、そのお店の人の写真を載せているかどうかというポイントも重要です。ネット上なので特にそうですが、どんな人が対応してくれるのか。というのも見極めポイントの一つです。

良いお店を見極めるポイントは多々ありますが、上記に上げたポイントを網羅しているサイトを選びましょう。

今回参考にしたサイトは

https://www.try-home.co.jp/

です。